全書芸とは

古典に立脚した純正書道を首尾一貫して実践してきた全日本書芸文化院の略称で、昭和25年(1950)より月刊競書誌(一般版・学生版・ペン誌)を発刊している書道団体です。

2017年通巻800号を発刊し、2020年には創立70周年を迎えます。

全書芸ロゴマーク

本院概要

創立 昭和25年

終戦によって解散した興亜書道連盟と関係のあった先生方がつくる日本書道学会と、小野田通平(初代社長)が出会い、更なる発展を求めて解散し「全日本書芸文化院」の名の下に書初手本の頒布を開始。
昭和25年月刊書道雑誌『書宗』創刊。
昭和47年、現在の『全書芸』に改題し現在に至る。

初代会長 桑原 翠邦(元東宮御所書道御進講)

昭和25年(1950)~昭和47年(1972)まで20年間に渡り本院初代会長として務めた。

初代副会長 二宮景雲・花輪たね・高澤南総

全書芸初代役員

第1回全国書初大会

  • 昭和25年に新宿・二幸(現アルタ)で開催
  • 東久邇宮様の来臨を頂く(昭和51年第27回まで)
  • 昭和42年より日本武道館、現在は池袋サンシャインにて開催

第1回全書芸展

  • 昭和47年(1972)に東京交通会館で開催
  • 平成19年(2007)第36回展より国立新美術館(六本木)にて開催し、現在に至る

About the Zenshogei

Zenshogei(全書芸) has consistently practiced genuine calligraphy based on classics It is an abbreviation of All Nippon Calligraphy Art and Culture Institution. Also it’s an organization that publishes calligraphic skill competition magazines.

■Established in 1950

■Thuuhei Onoda (first president) met with Japanese calligraphy society after world war Ⅱ. For further move development,he started enhancing the Kakizome(書き初め) example under the name of “All Nippon Calligraphy and Culture Institution”. He began to a monthly calligraphy magazine in 1950 changing the name from “Shoso(書宗)” to Zenshogei(全書芸)in 1972.

■First President / Suiho Kuwahara (Lecture to the Crown Prince, later Emperor Reiwa)
■Vice president / Keiun Ninomiya, Hanawa Tane, Nanso Takazawa

■In 1951, the first nationwide Kakizome calligraphy competition was held at Alta, which was called “Shinjuku · Nikou” before. I will have the visit of Prince Higashi Kuninomiya visited as the important guest. It was held for a while from 1967 at Nippon Budokan. And currently it’s held at Ikebukuro Sunshine City in February every year.

■The first exhibition of the Zenshogei exhibition was held at the Tokyo Transportation Hall in 1972, it has been held at The National Art Center, Tokyo in December every year since 2007.

基本姿勢

| 純正書道を標榜

  • 古典・古筆の重視

|  古典・古筆の臨書

  • 書の原理・筆法を学ぶ
  • 古典・古筆の生命力と人間性を文字を通して学ぶ

| 古典・古筆から創作へ

  • 臨書から栄養分を吸収して、創作活動に反映させる
  • 臨書→倣書→創作(用美一体含む)

代表挨拶

大倉谷山2019新春

2019年 新春随想

最近、自分の作品にうなずくことが少ない。
出品する作品、依頼されたの作品、あるいは研究会用作にしても納得することが少ない。
それは自分の引き出し不足に他ならない。即ち臨書不足に尽きるのであろう。
筆力十分に情懐豊かで人間味溢れる作を目指し、雅味ある作を目指して臨書に臨みたいと願っております。

全日本書芸文化院 代表 大倉谷山