文化庁・東京都 後援

歩み

  • 昭和47年(1972)
    第1回展を東京交通会館にて開催
  • 昭和62年(1987)
    第16回展はセントラル美術館・交通会館の2会場にて開催
  • 平成13年(2001)
    30回記念展は、池袋サンシャインにてにて開催(第35回まで)
  • 平成19年(2007)
    第36回展より国立新美術館にて開催し、現在に至る
  • 平成21年(2009)
    第38回展より公募部門をⅠ部・Ⅱ部制とする
  • 平成25年(2013)
    第42回展より展覧会委員に全日本書芸文化院歴代社長賞(小野田通平賞・小野田昭賞)を新設
  • 平成26年(2014)
    第43回展より外部審査員制を導入
  • 平成29年(2017)
    第46回展より展覧会委員に代表賞・歴代社長賞(岩本登賞)新設・小野田各賞の区分を変更
  • 令和元年(2019)
    改元奉祝として第48回展に限り「令和記念賞」を設置

2019 第48回全書芸展 公募出品要項

2019年第48回全書芸展ポスター裏

公募出品要項・出品目録

全書芸展は、本院が提唱する純正書道の成果を世に問う展覧会として斯界の注目を集め、年々発展を続けて本年は第48回展を迎えます。
今回展に限り改元奉祝として令和記念賞を設置いたします。出品要項をご熟読の上、奮って力作を出品されるよう期待致します。

展覧会委員 一覧(PDF)

出品部門

  • 公募
  • 無鑑査 (本院師範位以上)
  • 展覧会委員

公募部門

下記の部門に分け、1人1点・最大8点の出品が可能です。

  • 漢字・かな
  • Ⅰ部(聯落~3×6)・Ⅱ部(半切以下)
  • 臨書・創作

出品締切

2019年9月30日(月)必着

鑑別料・出品料・表装料

  • 鑑別料
    5,000円(高校・障がい無料)
  • 出品料
    Ⅰ部9,000円
    Ⅱ部8,000円
    (大学・高校・障がいは事務整理費として1,000円)
  • 表装料
    Ⅰ部12,200円 (高校・障がい 5,000円)
    Ⅱ部9,400円 (高校・障がい 4,000円)
    *複数枚で一作品とする場合、4枚目より追加の表装料(1枚毎1,000円)を申し受けます。

授賞

  • 最優秀作品に文部科学大臣賞・東京都知事賞を授与
  • 令和元年度に限り令和記念賞を授与
  • 入賞・入選作品を会場 (東京・国立新美術館)に陳列

授賞式・懇親会

  • 日時 2019年12月15日(日)16:00開式
  • 会場 一ッ橋・如水会館

第48回全書芸展 開催案内

  • 会期 2019年12月12日(木)-23日(月)
       *10:00-18:00(最終入場は17:30)
       *12月17日(火)休館
       *最終日は14:00閉展( 最終入場は13:30)
  • 会場 六本木・国立新美術館 2階(2B・2C・2D)
       東京都港区六本木7-22-2
       TEL:03-6812-9921(会期中のみ)
  • 後援 文化庁・東京都
  • 入場 無料
  • 特別展示 近世大家遺墨8点

ワークショップ『楽しく古代文字を書いてみよう!』

2019第48回全書芸展・第69回全国書道コンクールワークショップの案内画像

役員作品集

全書芸役員役員作品集の画像

作品集

  • 1冊600円(10月末日までの予約先行申込のご入金は1冊450円)

作品集送料

1-2冊100円
3-4冊200円
5-9冊九州・沖縄・北海道800円
他地域600円
10冊以上国内・1送付先宛無料

案内はがき

2019第48回全書芸展案内はがき画像

入賞作品(準備中)