素敵なプレゼント

運営総務・児玉玲湖
(つくば市・玲湖支部 並木教室)

全書芸コンクールに“一字書”の部が新設されたので、こういうのがあるよ!とお知らせしたところ、参加するならこの字をと言われましたが、普通なら選ばない字だったので、何故この字にしたいのか差し支えなければ教えてと聞いてみました。

お父様のお名前で、もう食べることが出来なくなったので字をプレゼントしたいとのこと。
自分の名前を認識できるかな、と言いながら教えてくれました。
お父様への娘の慈しみと愛を届けたい!書にしてプレゼントしたい! なんと素晴らしいことなのかと、ちょっとウルっと、、、、、。

 

一字での出品には目立つ字とか、70周年のお祝いを書くとか、いろいろな考え方があると思いますが、この方のように自分の想いを書で表現し、お父様が自分の名前だと分かってくれたらと字を選ぶというのもすてきなことだと思いました。

娘の想いが届くことを祈っています。きっと届く!必ず届く!!